スマホ 副収入

本日はスマートフォンで副収入を得る方法をご紹介したいと思います。

私の知る中でもっとも簡単なのがツイッター活用です。

フォロワーを増やしてフォロワーさんに役立つ情報を提供。それがアフィリエイトリンクなら役立ち度に応じて簡単に報酬が得られます。

もっとも簡単なのが楽天関連とAmazonではないでしょうか。

アフィリリンクが簡単に作成可能でそのままツイッターと連動させていればつぶやくだけでOKです。

もっと報酬単価が高いものを紹介したい場合、A8ネットとゆうASP(アフィリエイトサービスプロバイダーの略)にはツイッター用のアフィリエイトリンクを発行している広告主さんがいらっしゃるので、そういった商品やサービスをつぶやいていくとゆう方法もあります。
A8ネットはこちら⇒ PC・スマートフォンからお小遣いが稼げるA8.net

ただし、アフィリエイトばかりつぶやいているとかなり嫌われる傾向が強いので、普通のつぶやきをメインにしていくのが良いようです。

そして、アフィリ初心者でも簡単に取り組めて稼ぐ事が出来るとゆう教材がこちら⇒ 【業界初!前代未聞の独占広告アフィリエイト手法】2ステージツイッター-2stagetwitter-

この手法は自分自身では手に入れられない、手法発案者の佐野さんだけのオファーを購入者全員にシェアしているとゆう非常に優れた教材です。

てっとり早く数万円を稼ぐならとても優秀な教材です。

副収入獲得のヒントになれば幸いです。

Related Articles:

    副収入のすすめ

    副収入への道には今はいろいろとありますが、私はやっぱりアフィリエイトが秀逸だと言わざるを得ないです。だってそれで生計を立ててますからw

    まず、アフィリエイトの凄いところって、在庫を持たずに出来る営業だ、ってところです。

    もともと私は学校を卒業してから大手の流通企業に就職しました。

    で、担当部署の在庫管理とかやるわけですよ。しかもお客さんも来店するので接客&発注&売れ残りの処分とか返品と他にもありますがかなり大変だったなぁと思い出します。

    で、サイトアフィリってサイトを作ってしまえば接客はブログやサイトがやってくれるし、発注も返品もない世界。

    私はアフィリエイトとゆうビジネスモデルを知った時、とんでもなく衝撃を受けたものです。

    なので、Gメールとかの画面に「アフィリエイトはもう古い」って言葉を見るとその残念な思考の文字列にガッカリします。

    ※この「アフィリエイトはもう古い」ってゆうのは実はこれはこれでアリなビジネスです。「ライフタイムコミッション」とゆう、これもアフィリエイトと同列なビジネスモデルですね。確かに主流になっていくのかもとは思いますが基本的にはアフィリエイトと同系列です。「継続型報酬」のアフィリ、といった意味合いです。

    ライフタイムコミッションについてはまた改めてお知らせしたいと思いますが、まぁ何の才能も初期投資もいらずに権利収入を得られるのはアフィリエイトぐらいだと申したいところです。

    属性と、その属性にあった商品やサービスが紹介されていればそれでOKです。非常にシンプルですが世の中の流れが全く分からないとちょっと難しいかもですね。

    結局はマーケティング、とゆうことになるようです。

    どれだけ売れる広告を知っているか、そしてそれを必要としている人はどんな人か。

    こう書くと難しそうですが、自分に置き換えて考えれば良いだけです。

    例えばデジカメが欲しいとした時に、Amazonに行ってもピンキリ過ぎて困った時に自分ならどんな検索をするのかを考えれば答えはそこにあるものです。

    それを明確にするためのツールがアクセス解析。

    自分の書いた言葉の何に反応してアクセスされるのかを知るのはとても大事です。

    まだブログを作ったことがないとゆう方はそこがスタートだと思います。是非チャレンジしてみてください。

    権利収入への道はそこから始まります( ・∀・)

    おすすめ解析サービス⇒ 超多機能のアクセス解析が永久無料!
    複数のブログやサイトを一括管理可能な解析サービス(有料)⇒ RCTアクセス解析サービス

    Related Articles:

    年末調整 副収入

    サラリーマンが副業で収入を得た場合、20万以上の報酬を受け取った場合は税金の申告をしなければいけない、と前の記事で書きました。

    で、サラリーマンのかたは会社で年末調整の書類を受け取ると思うんですが、それに関しては通常通り提出して構わない(はず)です。

    会社から天引きされた分の税金に対して会社から清算するための「年末調整」とゆう手続きなので、会社外からの収入や医療費がたくさんかかった場合の申告は個人で行うことになっています。

    もしかしたら情報的に古い部分もあるかもしれないので、いろいろと調べてみてください。あくまでも個人的な体験を書いています。

     

    で、こうゆうのってかなり面倒だと思いがちで、しなくてもバレないんじゃないかと思いがちですが、ちょっと長期目線で考えるともし継続して年間に数百万円の副収入を得る事になりかねないので、後々の事も考えたらやっておくべきですね。

    やはり社会生活をしている以上は法律に則らないと結局自分に返ってくる部分が大きいです。

    日本人は学校でお金の勉強とゆうのをほとんどしてないのでおざなりにしがちですが、とても大事なことじゃないですか。

    確定申告までまだ時間があるのでキッチリ調べておくことをオススメいたします。

     

    24年版 はじめての人にもよくわかる 年末調整の仕方と1月の源泉徴収事務
    24年版 はじめての人にもよくわかる 年末調整の仕方と1月の源泉徴収事務

     

    Related Articles:

    確定申告 副収入

    前回の記事にも書きましたが、個人事業主の登録と確定申告についてもう少し書いておきます。

    サラリーマンが副業をしている場合、サラリーマンの給料は年末調整で天引きされた税金が返ってきます。

    サラリーとは別の収入は2月にある確定申告をして、収入と必要経費などを書いて提出です。

    で、個人事業主の収益が黒字の場合は余分に税金を払わなければいけませんが、赤字の場合はサラリーマンの給料から払った税金が戻ってきます。

    赤字にするには、副業で得た収入よりもかかった経費が多ければ赤字になるわけですが、このかかった経費がどこまで経費として認められるかは税理士のさじ加減が重要になってきます。

    例えば、副業で得た収入が100万円あったとします。経費が0の場合、100万円を給料に上乗せした収入に対して税金がかかります。

    で、経費が例えば100万円かかっているとします。そうすると差し引き0になるわけです。

    例えばネットビジネスに絶対必要なPCやネット接続。これって普通にしてても使うものですが、個人事業主をしているとゆうことで経費で落とせます。

    こうゆう経費はインターネットビジネスはかなり特有なので、高齢の税理士はあまり詳しくありません。

    私がお世話になっている税理士事務所はかなりインターネットビジネスに関して詳しく、有名なアフィリエイターも利用している事務所なので色々と話してて分かってもらいやすいとゆうメリットがあります。

    ベンチャーサポート税理士事務所とゆう名称で、私は東京なので東京渋谷の事務所にお世話になっていますが、大阪や福岡にも事務所があるそうです。

    これだけでも手広くやってるところですが、地方の人だとなかなか遠くて敷居が高いですよね。

    そうしたアフィリエイターをはじめ、ネットで副業をしてらっしゃる方の為の税務のサポートをするクラブを運営しています。

    精通しているとゆう面ではかなり太鼓判を私も押せるので、確定申告に悩まれるようでしたら利用してみてはいかがでしょうか?

    詳しくはこちら ⇒ 節税サポート「ベンチャーサポートクラブ」 節税・確定申告・会社設立・融資獲得・税務調査
    http://www.vs7.jp/

    個人事業主から法人になる際もかなり格安でサポートしてくださるのでその点でもオススメです。

    とりあえず、節税のための無料レポートがとても勉強になるので一度目を通しておくと良いかと思います。

     

    かなり長くなりました、最後までお読みいただきありがとうございます。しっかりと節税して手元にお金を残すようにしましょうね。

    Related Articles:

    20 副収入

    サラリーマンの場合、副収入が入るようになると悩まされるのが税金。

    ザッと調べただけですが、年に20万以上の収入か所得のどちらか(スミマセン)があると申告が必要になってくるそうです。

    で、ここからが大事です。

    副業をする場合は「個人事業主」の届け出を面倒でもしておきましょう。

    その時に「青色申告承認申請書」も必ず提出してください。用紙は税務署にあります。

    そうすることによって副業をするにあたりかかった必要経費が落とせるようになります。

    たとえば、私はインターネットを使って仕事をしているので、パソコンやネット接続の費用、さらにレンタルサーバー代やドメイン代なども経費になるので確定申告で副業で赤字だった場合、本業の収入と合わせて節税が可能です。

    つまり、こうしたアフィリエイトで例えば思うように収益が出ないとしても、登録しておくだけで節税になり得をするとゆうわけです。

    青色申告も慣れるとそんなに大変ではないし、個人事業主の場合は法人と違って税務署で税理士さんが色々と親切丁寧に教えてくれるので決してハードルは高くありません。

    つまり、税務署に届けるだけで税金が還付されて使えるお金が増える、とゆうことになります。

    ちなみに私が昨年(とゆうか今年のはじめ)に参考にした青色申告の本をご紹介しておきます。

    【2011-2012年度版】図解 フリーランスのための超簡単!青色申告
    【2011-2012年度版】図解 フリーランスのための超簡単!青色申告

    こちら昨年度版なので、新しいのはまた12月に出ると思います。

    とりあえず副業を始めたら個人事業主登録と青色申告承認申請書をお忘れなく。

    Related Articles: